最小限の被害に|土のう袋の重要性を理解する

強度が魅力の金属製の網

金網

破損が早い時の対処

同じサイズの穴を用意できる金網は、ごみの中から特定のものをより分けたり、粒の大きさに応じて分けるふるいとしても使われます。この作業を行なっているとよく起こるのが、金網の部分が破れてしまうトラブルです。破れるとふるいとして機能しないため、一箇所でも破損したら買い換えることになり費用もかかります。これを防ぐには、金網を固定するためにかかっている力が均等であるかを確認します。均等でない場合引き裂かれるように破れるので、締め直すなどして対処します。網を構成する金属線が切れてしまう場合には、投入する物に対して金属線の経が細すぎることが考えられます。強い力がかかると金属線の摩耗も早く進んでしまうため、一つ上の太さを持った金網に交換します。

透過性に優れた素材

細い金属線を重ねて編んだ製品のことを金網と呼びます。鉄板の代わりにこの金網を使うと、様々なメリットが得られます。鉄板と違い完全な板ではないため、向こうを透かして見ることができます。こうした透過性は建設現場でもすでに採用されており、視認性を悪化させがちな鋼板に代わって活躍しています。空気が通りやすいという通気性にも優れています。鉄でも木でもそうですが、完全な板で壁などを作ってしまうと強風をまともに受けてしまいます。結果として台風の時などに壊れてしまう可能性もあり危険です。一部分だけでも金網にしておくことで、風を向こうへと逃がし構造物への負担を減らすことができます。塞いでしまうことがないため、光を採り入れたい場所にも適しています。